シアリスジェネリックとは?

シアリスとは、ED治療薬の中でも最も新しいタイプのED治療薬です。
ED治療薬の先駆けとして存在するバイアグラ
それに続いて開発されたレビトラときて、三番目に登場した最新の薬です。
上記のED治療薬はいずれも特徴があり、バイアグラは服用後、約60分ほどで効果が発揮され、その後4~5時間ほど効果が続きます。
レビトラはさらに短時間で効果が発揮されるように開発がすすめられ、服用から最短で20分で効果が表れるという薬となっています。
そして三番目のシアリスは、服用から効果があらわれるまでに2~3時間と、比較的長い時間を必要としますが、その効果時間は最大で36時間という「効果が現れるまでが遅く、その後長く効く」というタイプのED治療薬です。
元々はED治療薬は心臓の薬として使われてきたものですので、どうして「服用すると動悸が起こる」「落ち着きがなくなる」といった症状にクセがあり、効果は感じられても服用の際に抵抗感があるという方も少なからず存在しました。
シアリスは「ゆるやかながらも確実に効果を感じられるED治療薬」として、新しい需要を掘り起こし、愛用者を増やしている薬です。
その薬が、ジェネリック(後発医薬品)となって、より安価に使用できるようになりました。

シアリスジェネリックの効果

勃起を助けるED治療薬としてのシアリスの効果は、「ゆるやかな効果を長く実感できる」ということに尽きます。
その根幹となっている有効成分はタダラフィルと呼ばれているものです。
勃起不全の原因となるのが「PDE-5(ホスホジエステラーゼ)」という酵素です。この酵素の行き過ぎたはたらきにより、勃起にかかわるcGMPという物質を分解してしまいます。
cGMPが分解されると、勃起そのものを司る「陰茎の海綿体へと流れる血液」が減り、血流が悪くなります。これが勃起不全となるのです。
ED治療薬はこれらPDE-5の働きを抑えることで、陰茎に血液を行き渡らせることを目的としています。
通常、もしくはそれ以上に陰茎に血液が流れ込むようになることで、硬い勃起を生み出すのです。
基本的にED治療薬は全てこの構造で体にはたらきかけるものなのですが、シアリスの有効成分タダラフィルは、他のED治療薬にはないメリットが数多くあります。

1・持続時間の長さ
通常のED治療薬は、「服用後1~2時間後に、最大4時間前後の効果」というものがメインとなりますが、薬を飲む時間を逆算して性行為に臨むことに不都合を感じる方も多いものです。
タダラフィルは服用して1時間後に効果があらわれ、最大で36時間持続します。そのことから「金曜日の夜に飲めば日曜日までもつ=ウィークエンドピル」という異名も持っているのです。

2・食事の影響を受けにくい。
ED治療薬は血流をコントロールする薬だけに、食物を消化する負担などで効果が弱まってしまうこともありました。
しかし、タダラフィルは食後であってももちろん食前のタイミングでも、いつ服用しても効果が発揮されます。
正確には食事量は800kcal程度となっておりますが、成人男性一食分よりも少し軽めな程度ですので、さほど心配することもありません。

3・副作用を軽減
ED治療薬の歴史をひもとくと、もとは「狭心症の薬の副作用」として効果があらわれた経緯がありますので、心臓に対してエネルギーをかけるものという背景があります。
顔のほてり、紅潮、発汗といったところから、頭痛や鼻づまりといった多岐に渡る副作用を、実に90%の方がED治療薬を服用した際に感じていた。というデータもあるのですが、タダラフィルは短時間の強い効果ではないため、副作用も抑えることができるのも特徴です。タダラフィルを服用して副作用を感じた方は30%に減ったというデータもあります。

シアリスジェネリックの飲み方

シアリスは効果の最大持続時間が36時間という薬ですので、早めに飲む分には問題がないものです。
その服用タイミングは「性行為の3時間前」が最も効果的です。
薬には成分が血液の中に溶けだす「血中濃度」というものが存在し、シアリスは約3時間で血中濃度が最大値まで達します。
また、シアリスは24時間の間隔を空ければ、重ねて飲んでもいいものです。
「前の晩にシアリスを飲んだ。36時間続か不安なので、今晩同じ時間に飲む」ということで効果をより持続させることができます。
とはいえ、自分基準で容量を変えることはリスクを招きます。
シアリスは5mg,10mg,20mgという、有効成分の容量が違う3種類がありますので、それによって飲む量は変化します。
料理の味見もそうですが、「薄いかも」と思って調味料を入れると、実際に食べるころには味が濃くなりすぎるもの。
まずは少ない容量から試すのがいいでしょう。
また、行為に直結しているED治療薬は、精神的な部分も重要ですので、「正しく飲んでいる」という気持ちそのものが効果を上げることにもなりますので、用法を守って飲むことが最も効果を発揮させる近道なのです。

シアリスジェネリックの併用禁忌薬

薬には飲み合わせによって効果がなくなる、もしくは体に重大な変調をきたしてしまうことがあります。
それが「併用禁忌」と呼ばれる、一緒に飲んではいけないものです。
風邪をひいた際に手当たり次第に市販の薬を飲み、それが元で意識を失い、入院をしてしまった人は後を絶ちません。
軽い風邪などの場合ではシアリスの服用に制限はありませんが、肝臓、腎臓の悪い方であったり、血液に疾患を抱えている方、陰茎の病気にかかっている方など、他の病気にかかっていたり持病のある方は、必ず医師と相談し、服用する必要があります。
また、絶対に併用して服用してはいけない薬として、狭心症などの心臓の疾患により、硝酸剤(ニトログリセリン)を服用している場合です。
どれだけ体調が万全であろうと、これだけは服用してはありません。
もし服用してしまうと、重大な副作用が来る場合があります。
ED治療薬が世に出始めの頃、痛ましい死亡事例がありましたが、これは併用禁忌を破って硝酸剤を服用している方がED治療薬を飲んでしまったことにあります。
ED治療薬は危険である。というイメージがついた原因ともなりました。
心臓に疾患を抱える方は性行為自体を禁じられている場合もありますので、やはり医師との相談が重要なのです。

シアリスジェネリックの副作用

体の機能に作用させるため、外部からの物質を与える。
薬の本質は上のように「異物が体内に入る」ことであるため、副作用はつきものといっていいでしょう。
ED治療薬の中でもシアリスは効果がゆっくりと進むこともあり、副作用もそこまで激しくないものですが、まったくないというわけではありません。
臨床試験において副作用が見つかっています。

血流を盛んにさせるということがED治療薬の核心部分ですので、血の巡りがよくなる、部位による流れが変わるとなれば、やはり血管が凝縮されている箇所での頭痛、そして顔のほてりがあります。
また、まれではありますが消化不良などの事例もみられます。
他にも臨床試験において、筋肉に痛みが生じる。背中が痛むという副作用もみられます。
やはり血管・神経が集中している箇所への影響が真っ先に出てしまうというのが薬の副作用というもの。
ED治療薬はもとより、風邪薬などにもみられる代表的な副作用「鼻づまり」も、鼻の内側には多数の血管が走っており、その部位である「海面静脈同」と呼ばれる箇所が、薬の作用によって拡張されることで、まわりに存在する粘膜全域が、さながら水をたらしたスポンジのように膨らんでゆくのです。
その結果、鼻腔内の空気の通り道がふさがれてしまい、鼻づまりになってしまうのです。
上記が代表的な副作用ではありますが、視覚への影響が見られることおがあります。
眼そのものが痛む「眼痛」、眼の血管に血が通り過ぎ、それがきっかけとなり、炎症を起こしてしまう「結膜炎」、という痛みや不快感に繋がる要因のほかにも、物が青く見えたり、青と緑の区別がつきにくくなるという「色覚異常」がみられることもあります。

前述しましたが、副作用自体は薬には程度の差があれど必ず存在するものです。
それが軽度であれば体へのダメージもほとんどありませんので、そのまま服用を続けていても問題はありません。
程度が大きくなったときに服用を止め、病院などで診察を受ける必要があるでしょう。
また、副作用の発生は個々人の薬との相性、健康状態によるところが大きいものです。
体調が整っていても飲み方を間違えるだけで重篤な副作用になる場合もありますので、副作用の程度の差を見極めなければなりません。

シアリスジェネリック医薬品とは?

シアリスジェネリックという言葉を聞いて、「いわゆる『シアリス』と違う薬なのでは…」と思ってしまう方も少なからずいます。
ジェネリックという言葉ですが、正しくは「ジェネリック医薬品」と呼ばれているものです。
製薬会社が最初から開発、製造をした「先発医薬品」、いわゆる新薬というものです。
一方でジェネリック医薬品は「後発医薬品」という名称がついています。
新薬は当然ながら世の中に流通をしていない状態から「新しい薬を生み出す」ものです。
開発期間に数年から10数年の歳月を要し、多くの臨床実験を重ねる新薬の開発は、時に数百億円とも呼ばれる費用がかかるものです。
製薬会社が開発費の回収をするために、一定の期間は特許によって保護され、他の製薬会社が同じ成分の薬を作ることをできません。
そこで独占の状態で薬を販売し、開発費を補うのです。
これらの新薬が市場に出回り、特許期間が途切れてしまうと、他の製薬会社が新薬と同じ成分比率、製法でまったく同じ薬を作ります。
このことにより、臨床実験のデータも少なくて済み、またすでに定着している薬なので病院側の理解も早いという「少ない開発費で大きな効果をあげることができる薬」それがジェネリック医薬品です。
当然ではありますが、薬を世に出すためには、安全性、有効性の実験は元より、厳密な審査もありますので、製薬会社の作る安全性の高い薬を安心して服用することができるのです。

シアリスは米国のイーライリリー社によって開発され、欧米では2003年から発売されました。
日本でも2007年に発売されており10年ほど経っておりますが、すでにインドの製薬会社が作ったジェネリック医薬品が数多く流通されています。
通常の新薬の特許期間はおよそ20-25年という年月です。
特許期間がまだの薬なのにジェネリック医薬品が発売されているのは違法な薬なのではないのか…という疑問が生じるものですが、それはインドの特許法の違いによるものです。
人口が多く、まだまだ貧富の差が激しい国であるインドでは、新薬が一部の富裕層にしか行き渡らないことを防ぐため、特許法を変えて新薬と同じ成分の薬を作ることを国が認めています。
ジェネリック医薬品にインド製が多いのはそのためなのです。

シアリスジェネリックを通販で購入するには

さらに、高価な医薬品を使い続けることは、国民皆保険が実現している日本にとってもダメージがあるものです。
医療費を税金で負担するシステムにおいて、高い薬を使うことは医療保険の財政にとっても痛みが生じるものです。
厚生労働省では、後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進のロードマップを策定。ジェネリック医薬品を使うようにと進めているところです。
特に日本人はブランド意識が高く「どうせ飲むなら有名なものを」という感覚に陥りがちです。
科学的に同じ薬であると立証され、価格も安いといういいことづくめなジェネリック医薬品を使わない手はありません。
また、製品によっては服用をしやすいように味、香りといった部分に改良を加えられたものもあり、さらにペットボトルの飲み物が2リットル入りになると安くなるように、1箱あたりの量を増やすことでより安価に購入することが可能になっている薬など、正しい知識を抑えていれば、より求めやすくなり、余計な心配を抱え込まずに服用ができる。それがジェネリック医薬品なのです。

通販とは

安価、かつ品質も確かなジェネリック医薬品ですが、病院で医薬品は現状の日本においては病院で処方される薬を購入する手立てとして、医師の診断書が必要になってきます。
同じ薬を長く使い続けていると、どうしても「この薬があればいいのに、いちいち病院に行かなくてはならない」という状況が出てくるものです。
特にジェネリック医薬品は安価に服用できるといいうメリットがあるのに、ことあるごとに病院に行くとその治療費だけで出費がかさんでしまうことにもなります。
海外では通常の薬局(ドラッグストア)で薬を購入することが可能なのですが、日本の規制によってそうした動きは制限されているのです。
はっきりと効果を認められ、そして安全性が保障されている医薬品を購入するには、個人輸入という形が適しています。
海外のECサイトを使って購入することはできますが、基本は英語でのやりとりが必要となり、個人情報の開示が必要になってくるとなれば、そのハードルは上がります。
さらに、海外のウェブサイトはクレジットカードの情報を抜き取られる、いわゆる「フィッシング詐欺」のサイトも日本に比べて多いのも事実であり、やり取りの煩雑さに「ならば病院に行った方が早い」となりがちです。
そこで登場するのが、個人輸入代行という存在です。
日本人のニーズに合わせた日本語表示のサイトが「薬 個人輸入」のインターネット検索で表示されますので、そこから通販をすることが可能です。
慢性的な病気と向き合い、自分に必要な薬の種類もすでにわかっている。海外での居住歴があり、ドラッグストアで気軽に常備薬を買っていた。また、海外で服用していて特に問題がなかった薬でも、日本では未承認となっている薬もあり、その点で不便を感じる方が多いのも事実です。
どうしても流通までの足が遅くなるのが日本の医療のデメリットであり、事実ジェネリック医薬品を推進するようになったのも近年のことです。
そうした方々が日本の薬事情において感じるデメリットを補えるのが、安価、かつ安全なジェネリック医薬品の個人輸入です。
もちろん、購入の際には注意点に留意する必要がありますが、薬選びの知識を得ることと同じように、通販サイトも選んでゆけます。

通販で購入する際の注意点

薬を個人輸入する際の注意点はいくつかあります。
まずひとつは、「日本の包装は過剰である」という意識を持つことです。
小さいものを購入する際でも、日本の場合はエアーパック(プチプチ)や隙間を埋める紙など、「商品の箱が壊れないような細心の注意」をほどこしますが、海外の発送は「商品の箱は商品そのものを守るために存在している」という視点を持っていますので、箱の外装などはへこんでいたりするのが通常です。
これは考え方の違いですので、どうすることもできません。
しかし、薬の箱などは電子機器のように保管しておく必要もないものですし、肝心の薬そのものが割れているということはありませんので、こちらが割り切る必要があります。
また、何よりも重要なのが「安心できる通販サイトを見つける」ことにあります。
日本で薬の個人輸入を試みる場合、まずインターネットの検索で「薬 個人輸入」「薬 通販」などを入力し、個人輸入代行のさまざまなサイトが表示されますが、正直言ってどのサイトを選べばいいのかはわかりずらいものです。
日本語に対応し、口コミの評価がいいものというのはひとつの評価基準です。
加えて薬の解説文なども観るべきポイントがあります。
文章として文節が繋がっていないなど、日本語として弱さを感じるサイトはその他の処理も甘い傾向にありますので、そうしたウェブサイトそのものの作りもチェックするといいでしょう。
もっとも重要なのは薬の価格ですが、これは最安であればいいというものでもありません。
価格で比較しがちですが、最安に出来るのは「省いている部分がある」ということでもありますので、いくつかのサイトを見て回って「これは相場だな…」というラインがわかってきた際に、サイトの作りや口コミをチェックするという順番がおすすめです。
また、相場よりも一段と安い、というサイトからの購入は避けたほうが無難です。
ジェネリック医薬品は通常の薬よりもはるかに安いものとはいえ、やはり一定のラインが存在します。
処方箋、クリニックに行く手間なしに薬が買えるということでより安く感じることにもなりますので、最安値を無理して追わずに信頼できるサイトを探していきましょう。

オススメの通販サイト

ジェネリック医薬品の個人輸入サイトは数多く存在しますが、キーワードの検索で上位にあるサイトは、やはり実績を重ねているものです。
「薬 個人輸入」「薬 輸入代行」で表示されるのは、「ベストケンコー」「アイドラックストアー」といった通販サイトがありますが、その中でももっとも表示されるのが「お薬なび」です。
2009年から運営を開始しており、薬の個人輸入代行業者の中でも老舗とも言える存在です。
サイト表記についてもわかりやすく、会員登録が必要なサイトですが、その分常連となったユーザーも多く、お買いものポイントが付与されるなど、常備薬として定期的な購入をする需要に応えた作りになっています。
個人情報の取り扱い、返品、返金についてといった、ユーザーが不安に思うことも明確にアナウンスを出しているサイトです。
発送状況の追跡が出来る機能もあり、海外の商品を注文した際の心配事である「こちらに向かっているのかどうか」がわかりやすくなっています。
送料は一律で1000円がかかりますが、10000円以上の注文によって送料が無料になるサービスもあります。
また、現地からの配送連絡後から5~12日の到着という、薬や外国の運送状況によるタイムラグはあるものの、こちらも他サイトと比べて格段に遅いというわけではありません。
他サイトとの比較で気を付けたいのは、「他社に言及しているかどうか」です。
また、個人輸入代行業者の中には、自社の安心感を高めるために他社の評価を落とすサイトも存在しています。
「海外に本社を置いているから不安がある」「海外では偽の薬が出回っているので結果的に効果に不安が出る」といった表記で他社の評価をしているサイトもありますが、ウェブの発達によって世界の物が届き、また個人ユーザーの声が大きくなってきている今の時代において、ウェブの歴史と共に10年近くも運営を続けているというだけで信頼度がわかるというものです。
他社に言及しているサイトは、逆に自分たちの信頼度を下げていることにもなりますので、「お薬なび」のように、オープンにしているサイトを使うことが安心へと繋がります。